はつかいち国際バレエコンクール

はつかいち国際バレエコンクール

はつかいち文化ホールさくらぴあにて2018年8月15日~18日開催

参加エントリー受付中 締切2018年6月末

2018年8月ついに開催決定!

はつかいち国際バレエコンクールは、
「ワークショップ+コンクール」によって審査されます。

ワークショップ部門ではダンサーの現時点でのバレエ基礎の完成度、音楽性、身体能力を審査します。

コンクール部門ではダンサーの芸術性とテクニック面、また将来性を重視し審査いたします。

また決選に進むことが出来なかった参加者も、
ワークショップを通して審査が行われ、賞与の対象となります。

コンクール参加要項

参加部門
プレコンクールⅠ部門小学校1年生~小学校3年生
プレコンクールⅡ部門小学校4年生~小学校6年生
ジュニアⅠ部門中学生
ジュニアⅡ部門高校生
シニア部門18歳以上
※各部門年齢は2018年(平成30年)8月15日現在とし、学年は2018年度の在籍とする。
参加資格
審査は個人のみとします。資格は全部門国籍は問いませんが、外国籍の方は日本在留資格をお持ちの方に限ります。
審査員
国内、諸外国で活躍する芸術家。(ワークショップ講師も兼ねます)
審査員からのアドバイスシートをご希望の方は予選と決選、各2,000円を追加でお支払いください。
※審査員はホームページにて随時、発表いたします。
コンクール スケジュール(予定)
●プレコンクールⅠ・Ⅱ部門
8月16日 ワークショップ
17日 決選(予選なし)・入賞者発表

●ジュニアⅠ・Ⅱ部門
8月15~17日 ワークショップ
15日 予選
16日 通過者発表
18日 決選

●シニア部門
8月15日~17日 ワークショップ
16日 予選
17日 通過者発表
18日 決選

●全部門
8月18日 閉会式・表彰式
参加受付期間
2018年2月1日~7月15日
※人数に制限があるため、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

審査員プロフィール

ベルリン国立バレエ学校ディレクター

マーレック・ロジツキー

Art Studio Danza芸術監督

アントネッラ・マンダニーチ

村瀬沢子バレエスクール主宰
PBK京都バレエコンクール実行委員長

春山 澤子

プラハ市立コンセルバトワール
(チェコ/プラハ)
ディレクター

Jaroslav Slavicky

南ボヘミアバレエカンパニー
(チェコ/ブドヴァイス)
ディレクター

Lukas Slavicky

ドイツ コーブルク州立バレエ団

山本誉司

ワークショップ

ピアニスト

山西 由実

スカラーシップ・標章

スカラーシップ ※授業料の免除など
フルスカラーシップ/ハーフスカラーシップ/参加権(実費)
Art Studio Danza Winter Festival 2018(イタリア)
プラハ市立コンセルヴァトリー(チェコ)
ベルリン国立バレエ学校(ドイツ)/短期ワークショップ参加許可
南ボヘミヤ バレエカンパニー(チェコ)/正団員契約権/研修生
賞与
最優秀賞   廿日市市長賞
優秀賞    教育長賞
優秀賞    さくらぴあ賞
(最優秀賞・優秀賞は小学6年生以上の参加者対象)
第1位~第3位 やまだ屋賞・RDレオタード賞
第4位~第10位 やまだ屋賞
指導者賞
京都バレエコンクールPBK賞
はつかいち国際バレエコンクール賞

※賞与・スカラーシップについては逐次、加更新される可能性がございます。

LINE公式アカウント

スマートフォンからご覧の方は、緑のボタンをタップで「友だち」に追加できます。

QRコードはこちら

主催
特定非営利活動法人 日本音楽舞踊振興会 はつかいち国際バレエコンクール
後援
廿日市市/廿日市市教育委員会/全日本洋舞協会/公益財団法人 廿日市市芸術文化振興事業団/廿日市商工会議所/一般社団法人 佐伯地区医師会/中国新聞社
協賛
ポートサイド女性総合クリニックビバリータ 昭和教材株式会社 COCOKALA GROUP デリカウイング株式会社 山崎本社グループ 株式会社シブヤ 廿日市葬祭会館 オタフク やまだ屋 中国醸造
協力宿泊施設
宮島コーラルホテル  桑原旅館  おもてなしホステル宮島